吉行鮎子展|エモーションが止まらない|天プラ・セレクションVol.68

更新日:7月7日



目に見えるものだけが真実ではない。


見えている部分はわずかで、

水面下には何倍にも及ぶ巨大な氷塊が沈んでいる。

感情の爆発も、

地球温暖化の影響も、

じわりじわりとやってくる。

ある日、

積み重なったものが突如に崩れる。

雪崩のように。


吉行 鮎子



吉行さんの絵を初めて見たのは市内の喫茶店公文庫カフェだった。

ヤシが茂る密林の楽園。食事したり、楽器を奏でたりする人たち。そこには熊や猿、時にはライオンもいた。

この絵の中に作者も一緒にいるんだな、できれば私も仲間にいれてほしいと思った。

それから1年後、出石町のギャラリー油亀で吉行さんの個展が開かれた。作者はまだ少女のような26歳の女性だった。毎日新聞に月1回連載の私のコラム「おかやまアート事情」に「素朴派の新星画家吉行鮎子さん」と題して紹介した。

素朴派とは正規の美術教育や理論とは無縁に、心の衝動に従って絵を書く人たちをいう。その代表格、税関吏のルソーはパリの植物園に通ってはメキシコのような密林の楽園を描いた。いつしか彼は自分が本当にメキシコに行ったと思うようになった。


吉行さんの描く密林や草原、氷原…。彼女は確かにそこに棲んでいるのだと思う。自分の体がそのまま緑の草原や砂漠になってしまうのだから。

天プラ・セレクションの「エモーションが止まらない」では涙を流す彼女がいた。温暖化や大気汚染で氷原が雪崩を起こしたり、動物がだんだんと棲みにくくなる地球。

それでも吉行鮎子は白い雲のように飛んで行く。魚夫人の弾くピアノに合わせて、くまさんと抱き合って踊りつづける。


美術ジャーナリスト

柳生尚志


岡山県天神山文化プラザ企画展 天プラ・セレクション Vol.68 吉行鮎子展 エモーションが止まらない

[会期]2015年11月24日(火)〜29日(日)

[会場]岡山県天神山文化プラザ 第3展示室


吉行 鮎子

1986 岡山市生まれ

2009 沖縄県立芸術大学 卒業


現在岡山市在住


個展

2011 「不思議の国のあなた」(公文庫カフェ/岡山)

2012 「瞑想トラベル」(アートスペース油亀/岡山)

2013 「箱男の頭の中」(公文庫カフェ/岡山)

2014 「疲れたら休めばいい」(アートスペース油亀/岡山)

2015 天プラ・セレクションVol.68「吉行鮎子展 エモーションが止まらない」(岡山県天神山文化プラザ)


グループ展

2012 「X'mas in SARASA」(Art Box SARASA/岡山)


賞歴

2009 世界絵画大賞展 優秀賞

2009 全日本アートサロン絵画大賞展自由表現部門 大賞

2010 世界絵画大賞展 大賞

2010 シェル美術賞 入選


出品一覧

タイトル|素材/技法/形状|サイズ(cm)|制作年 Hello!|キャンバスに油彩|53×53|2014

Ahhhhh!!|キャンバスに油彩 |53×53|2014

ハーイ!|キャンバスに油彩|53×53|2014

極北さん|キャンバスに油彩|53×53|2014

DANCING くまさん|キャンバスに油彩|53×53|2014

昼食待ち|キャンバスに油彩|53×53|2015

ヤァァァァ!!|キャンバスに油彩|53×53|2014

ハローグッバイ|キャンバスに油彩|53×53|2015

You Better Run|キャンバスに油彩|53×53|2015

今を蹴って|キャンバスに油彩|53×53|2015

雪崩スローモーション|キャンバスに油彩|162×162|2014

It's cool!!|キャンバスに油彩|162×162|2014

平常心、大崩落!|キャンバスに油彩|162×162|2014

とろける太陽、氷山の一角|キャンバスに油彩|45.5×38|2014

こんなに自由なのに|キャンバスに油彩|162×162|2014

渇望|キャンバスに油彩|145.5×112|2014

芝生に包まれ、抱きとめられ、閉じ込められている|キャンバスに油彩|145.5×145.5|2012

雲が流れていく|キャンバスに油彩|72.7×60.6|2015

浮遊する平常心|キャンバスに油彩|72.7× 60.6|2015

自由そのもの|キャンバスに油彩|162×162|2014

育てる|キャンバスに油彩|91x72.7|2015

自然を浴びる|キャンバスに油彩|91×72.7|2015

SESSION|キャンバスに油彩|116.7×116.7|2015

SESSION|キャンバスに油彩|116.7×116.7|2015

いきものたちはどこにいくのか?|キャンバスに油彩|116.7×116.7|2015

エモーションが止まらない|キャンバスに油彩|100×100|2015


 

サイト訪問者からの連絡受付

事務局経由で受け付ける




 

本記事は、平成27年度 岡山県天神山プラザ企画展 天プラ・セレクションVol.68 吉行鮎子展 記録集より抜粋しています。掲載内容は発行時点のものです。


発行:岡山県天神山文化プラザ

発行日:平成28年1月31日

印刷:株式会社 三浦印刷所

編集:福田淳子[岡山県天神山文化プラザ]

デザイン:鳥越眞生也[鳥越屋]

撮影:加賀雅俊[べあもん]

照明:池田正則[岡山県天神山文化プラザ]

 

<記録集をご希望の方は、天神山文化プラザ文化情報センターにてご購入いただけます>


平成27年度 岡山県天神山プラザ企画展 天プラ・セレクション 記録集

岡山県天神山プラザ企画展「天プラ・セレクション」として2015年8月4日〜2016年2月7日の期間に開催された6人の各展覧会の個別の小冊子を合本し、1年間の記録集として発行したものです。


<目次>

  • カスパー・シュワーベ展|ars geometrica|天プラ・セレクションVol.66

  • 丸山智代展|私の秘密の住人たち|天プラ・セレクションVol.67

  • 吉行鮎子展|エモーションが止まらない|天プラ・セレクションVol.68

  • 細見博子展|蝿女|天プラ・セレクションVol.69

  • 山本哲也展|袖は襟で襟はなくないものはある|天プラ・セレクションVol.70

  • 島田悠美子展|増殖する記憶 ―目に見えない生命のかたち―|天プラ・セレクションVol.71


カラー52ページ

税込1,000円


※各展覧会の個別の小冊子も発行しています(カラー8ページ/税込200円)


お問い合せ

〒700-0814 岡山市北区天神町8-54岡山県天神山文化プラザ

TEL 086-226-5005

FAX 086-226-5008

メール tenplaza@o-bunren.jp

受付時間 9:00~18:00

休館日 月曜日、年末年始(12月28日~1月4日)

 

「天プラ・セレクション」シリーズは、岡山県ゆかりの作家を選抜し個展形式で紹介する、天神山文化プラザの企画展シリーズです。 開催作家の選考は、推薦と公募の2部門から行います。