杉山恭平展|空想の世界|天プラ・セレクションVol.78

更新日:7月8日



展示を振り返って


いずれはと思いつつも、地元岡山県での作品展示(個展)はなかなか難しく、今回この様な形で地元にて作品展示をさせて頂ける機会に恵まれた事は、本当に有難く喜ばしい事でありました。


私は作品作りにおいて、複雑なコセンプトや機微は一切持たせず、「老若男女国籍問わず、純粋に視覚で楽しめる事が重要」だという一貫したテーマで自分の世界観を表現しています。


会期中はたくさんの方が訪れてくださいました。自分の作品を覗き込んでくださる方々の様子を後ろから眺めて、作品に顔を寄せて頂いたり、指を指して「こうかな」「ああかな」と談笑して頂いたり、くすりと笑って楽しんで頂いたりと、僭越ながら、自分が大切にしているテーマに則り鑑賞頂けたのではないかな?と嬉しく思いました。作品を前に色々な方とお話もでき、改めて奮起するとても充実した展示になりました。


頂いた言葉や意見を糧に今後も制作と発表を続けてゆきます。

ありがとうございました。


杉山 恭平



Exhibition Review 杉山恭平展によせて

2016年第9回岡山県新進美術家育成「I氏賞選考作品展」で一次の書類審査を通過した杉山の作品を見た。残念ながら最終選考には残らなかったが、来場者の反響は大きかった。このたび、岡山での初の個展となった。


杉山は重層建築が密集する街を青一色の濃淡で描き出す、その緻密さに驚く。緻密であるが故に寡作で、新旧合わせても8点の展覧。細部に拘り克明に描きこまれた雑居ビルに「通天塔」「松菱電工」「毎月新聞社」「たこ道楽」 等々ウィットに富んだ看板が並ぶ。何の店? どこにつながる階段?

―ひらがな、漢字、カタカナ、アルファベットが飛び交う街をさまよう。見る者の多くが「宮崎駿の映画みたい」「香港?大阪?」とアニメやゲームの世界あるいはアジアや昭和の街の喧噪を想起し、どこか懐かしくどこか異界な雰囲気に魅了される。一生懸命練られた多弁な絵だ。しかし湯殿の熱気が漂うような濃密な空間に人の気配がない。杉山は「国や地域が限定されるから」人を描かないらしいが、一瞬にして人が消滅したような空恐ろしさを感じるのは私だけか。画面の、杉山の時間が集積したエネルギーを収める単色の青――正と負の相反する要素が共存している。


初めて会った杉山は、少し緊張した面持ちで、カラフルな花柄シャツに指輪やブレスレットを身につけた昭和好きなお洒落な青年だった。子どもの頃からゲームの背景画に興味をもっていたというが何かの背景になることは想定していない。背景で物語る絵を目指すのだろうか。古いものと新しいものが混在する京都で、生計を立てる仕事を持ち、コツコツと好きな絵を続けている。次の発表を気長に待つとしよう。


天プラ・セレクション推薦委員/岡山県立美術館主任学芸員 福冨 幸


岡山県天神山文化プラザ企画展 天プラ・セレクション Vol.78 杉山恭平展 空想の世界

[会期]2017年8月8日〜13日 [入場無料]

[時間]10時〜18時(最終日は16時まで)

[会場]岡山県天神山文化プラザ・第4展示室


杉山恭平 Kyohei Sugiyama

1988 京都府京都市生まれ

義務教育 及び 高等教育期間を岡山で過ごす

2011 京都産業大学 経営学部 卒業


現在 京都府在住


主な活動

2014 細密展 (The Artcomplex Center of Tokyo/東京)

2014 『台湾イラストレーション誌 DPI 細密特集』掲載

2015 「第18回 岡本太郎現代芸術賞展」入選(川崎市岡本太郎美術館/神奈川)

2015 「キリンハートランドビール企画広告 -SLICE OF HEARTLAND-」参加

2016 第9回 岡山県新進美術家育成「I氏賞選考作品展」(岡山県天神山文化プラザ)

2016 杉山 恭平 個展 (Linlow The ART /大阪)

2016 FACC(ファインアートコレクション・イン・クリスタルサロン) (西宮阪急百貨店クリスタルサロン/兵庫)

2017 天プラ・セレクションvol.78 「杉山恭平展 空想の世界」(岡山県天神山文化プラザ)


杉山 恭平 WEBサイト

http://kyoheisugiyama.com/


出品一覧

タイトル|素材/技法|サイズ(cm)|制作年 20100108|ケント紙、インク、ボールペン|42×29.7|2010

20100324|ケント紙、インク、ボールペン|42×29.7|2010

20100928|ケント紙、インク、ボールペン|29.7×42|2010

20120708|ケント紙、インク、ボールペン|29.7×42|2012

20130107|ケント紙、インク、ボールペン|51.5×36.4|2013

20130414|ケント紙、インク、ボールペン|42×59.4|2013

20140823|ケント紙、インク、ボールペン|59.4×84.1|2014

20170701|ケント紙、インク、ボールペン|72.8×103|2017


 

サイト訪問者からの連絡受付

事務局経由で受け付ける




 

本記事は、平成29年度 岡山県天神山プラザ企画展 天プラ・セレクションVol.78 杉山恭平展 記録集より抜粋しています。掲載内容は発行時点のものです。

発行:岡山県天神山文化プラザ

発行日:平成30年1月31日

印刷:株式会社 三浦印刷所

編集:福田淳子[岡山県天神山文化プラザ]

デザイン:鳥越眞生也[鳥越屋]

撮影:加賀雅俊[べあもん]

照明:池田正則[岡山県天神山文化プラザ]

 

<記録集をご希望の方は、天神山文化プラザ文化情報センターにてご購入いただけます>


平成29年度 岡山県天神山プラザ企画展 天プラ・セレクション 記録集

岡山県天神山プラザ企画展「天プラ・セレクション」として2017年4月25日〜2018年4月1日の期間に開催された6人の各展覧会の個別の小冊子を合本し、1年間の記録集として発行したものです。


<目次>

  • 髙原洋一 展|反復:生成|天プラ・セレクションVol.77

  • 杉山恭平展|空想の世界|天プラ・セレクションVol.78

  • 金孝妍展|線ヲ思フ|天プラ・セレクションVol.79

  • 田丸稔展|叙事詩の男、こがねいろの月|天プラ・セレクションVol.80

  • 中本研之 陶展|派生|天プラ・セレクションVol.81

  • 千 足 展|オノマトペ|天プラ・セレクションVol.82


カラー52ページ

税込1,000円


※各展覧会の個別の小冊子も発行しています(カラー8ページ/税込200円)


お問い合せ

〒700-0814 岡山市北区天神町8-54岡山県天神山文化プラザ

TEL 086-226-5005

FAX 086-226-5008

メール tenplaza@o-bunren.jp

受付時間 9:00~18:00

休館日 月曜日、年末年始(12月28日~1月4日)

 

「天プラ・セレクション」シリーズは、岡山県ゆかりの作家を選抜し個展形式で紹介する、天神山文化プラザの企画展シリーズです。 開催作家の選考は、推薦と公募の2部門から行います。