top of page

赫祥会

美術 / 絵画

団体概要・主な活動

倉敷市文化連盟加盟団体

新鮮且つ堅実な絵画の制作及び美術研究を主体とし、各自の人間性を高めると共に、会員相互の親睦をはかることを目的とし、毎回1回の批評会・実技を中心とした基礎的勉強会を行っている。活動内容としては、石膏デッサン、人物画、静物画、写生旅行等の勉強会の他、年一回の倉敷市立美術館での作品発表会がある。


団体の沿革他

昭和40年(1965)4月、柚木祥吉郎先生の提唱で愛好家により赫祥会を結成する。

毎月第三日曜日を研究会の日とし、柚木先生を主宰者として美術研究を行ってきたが、平成17年(2005)に他界されたので後を引継ぎ、会長藤原眸の体制で活動している。

初期は年二回の作品発表会(赫展)を持ったが、倉敷市立美術館で開催するようになってからは年一回となり、令和5年(2023)で58年目を迎え、80回展を開催する。現在会員数は18名。


活動エリア

県内全域


設立時期・活動開始時期

1965年(昭和40年)4月


住所

701-0206 岡山市南区箕島1045-7

事務局 大橋裕子


電話番号

090-5375-8500


メールアドレス


Webサイト


YouTube


Instagram


Facebook


その他 SNS・オンラインコンテンツ


PRポイント

活動内容に賛同される方はどたなでも入会できます。


※情報は掲載時点のものです。

関連記事

すべて表示

コメント


bottom of page